日の出の森・トラスト運動への全国からのメッセージ

 10日、11日の石原都知事による行政代執行について、私たちの思いは全国のみなさんに正しく伝わったでしょうか。石原都知事による行政代執行に対し、私たちは非暴力の抗議行動をつらぬきました。しかしながら11日午後3時、ガードマンの暴力行為を危険だとして、私たちはやむなく退去しました。

 私たちはトラスト共有地を退去しましたけれども、まだ明け渡したわけではありません。今後裁判などでこのことが争われていくことになるでしょう。また、行政代執行により問題が片付いたというふうに、東京都や処分組合は思っているかもしれませんが、ごみの問題については何ひとつ解決されたわけではありません。
 私たちはこれから、ごみ問題の解決に向けて、新たな取り組みを始めます。

 全国のみなさんのご支援、ありがとうございました。詳しくは後日また、お知らせいたします。

                                「日の出の森・トラスト運動」事務局