TOP

エコセメント化施設稼働差し止め裁判 東京高裁判決の矛盾だらけの判決内容!

今年度は、3月26日にエコセメント化施設差止め訴訟の東京高裁で控訴棄却判決がありました。以下にまことに遺憾な2015326日の東京高等裁判所の判決とその要旨と判決に対する私たちの意見を述べさせていただきます。

 

判決の要旨

エコセメント化施設から放射性物質が周辺に排出されていないことから、控訴人の健康被害はエコセメント化施設との因果関係が認められない。

 

判決に対する私たちの意見

  1. 異例に長い控訴審裁判

エコセメント裁判は、東京高裁での控訴審が始まってから、3年を超える異例の長期間の審理が継続されてきました。さらに、これまた異例ともいえる裁判長が3回も代わり昨年の815日にようやく結審となり、判決言い渡し日が、これまた6か月以上も先の2015326日という長きに及びました。

 

  1. 裁判の経緯

当初高裁の裁判長は、早期に結審する予定で審理を進めておりました。しかし、地裁での結審直前に、福島原発事件(人為的な事故なので、あえて事件ということにする)が発生し、エコセメント化施設周辺への影響があることはわかっていたが、十分な審理ができないまま判決が下っての控訴審でした。したがって、通常の控訴審と違い、放射能汚染に関しては、控訴審の場で事実上争われた。その意味では、事実認定を一部含んだ控訴審となっていた。したがって、放射能汚染の有無に関しては十分な審理が必要とされてしかるべきでした。

そこで、日の出弁護団長の梶山弁護士は、2011311日の福島第一原発の事故以降に発生した三多摩地域の放射能汚染による高濃度に濃縮された焼却灰のエコセメント化施設周辺の汚染問題が全く審理され尽くされないままで結審することは、法曹としての責任を放棄するものであるとの叱咤により、2番目の裁判長は予定していた結審を断念しました。

その後、控訴人の証人尋問を請求し、一度は却下されましたが、証人尋問の必要性・重要性を裁判長に説き証人尋問を実現させました。

証人尋問の中では、エコセメント化施設周辺の放射能汚染があきらかになり、裁判長もこれを認めざるを得ませんでした。

最終的には、裁判長は汚染があると認めたうえで、控訴人達に汚染による健康被害がどの程度あるのかの認定をしたうえで、結審し、判決を出すことになりました。

一方審理の中で、被控訴人は、この裁判の前の処分場差し止め裁判の判決で、処分場からの汚染による健康被害については認められていなかったことを主張しました。

これに対して梶山弁護士は、処分場差し止め裁判の判決ではそのようなこと言っていない、判決はごみの処分必要性と住民が健康被害を受忍することを比較して、差止めをしてまで、住民に健康被害が危機的な状況が明らかになっていないと判断したことをきっぱりと主張しました。

そして控訴人達が、31年の長きに渡り処分場からの汚染による健康被害に苦しんできたこと、および今回の放射能汚染による健康被害の両方を本法廷できちんと評価をすべきであることを主張してきました。

「たまあじさいの会」が長年にわたり、さまざまな生態系や土壌、大気、水質などの粘り強く継続的な汚染被害の調査による結果は、科学的な手法でなされてきたことが認められ、高裁裁判長も認めざるを得なかったのです。

その結果、汚染と健康被害の結果は科学的に明らかにすることができました。

 

  1. 奇妙な判決直前の裁判長の入れ替わりと矛盾だらけの判決文

上で述べたように裁判長が、放射能汚染を認めたので、次のステップに進み、裁判長は、私たち控訴人にどのような健康被害について明らかにすることを求め、それを見て判断し結審することになりました。

そこで、私たちは上で述べたように、健康被害とエコセメント化施設からの汚染の関係を明らかにした陳述書を提出しました。日の出町全体で、がん以外に心疾患、脳疾患、肺炎による死亡率が処分場およびエコセメント化施設が運用されて以来、全国平均に比較して異常に高騰していること、日の出町、青梅市の小学生のアレルギー性疾患の異常なまでの高騰が、処分場からの焼却灰や粉じんそのものや粉じん中の重金属や有害化学物質やエコセメント化施設から大気中に放出された二酸化窒素、二酸化硫黄、放射性物質などを体内に吸引したことにあることを医学的に証明してきました。しかし、最終の法廷で突然3人目の裁判長に代ることが、いきなり言い渡されました。3人目の裁判長の下した判決文を読むと、私たちの陳述の内容を理解もせずに、2番目の裁判長が認めたエコセメント化施設からの放射能汚染さえもなかったことになり、全体に矛盾だらけの内容で、控訴棄却ありきの結論に導き、強引にも控訴棄却の判決でした。

私たちは、この無謀な判決に対して2015420日に最高裁判所へ上告いたしました。   (文責 中西)

STOPエコセメントの会代表挨拶

いつも変わらぬエコセメント裁判への熱いご支援に心より感謝いたします。

2003年415日に「工場建設差し止め請求」を東京裁判所八王子支部に提訴して始まったエコセメント裁判は、1111ヶ月経った2015326130分に東京高裁で判決が言い渡され、判決の主文は、「本件控訴を棄却する。」と言う事でした。

高裁では3.11由来と思われる放射能を新たな争点とし、原告本人の身の回り起きている異変、又、たまあじさいの会の放射能測定のデーター等を提出し争ってきましたが判決文を見てみると、「初めに却下有りき」と思われるものでした。

★処分場周辺の放射能には

『たまあじさいの会の測定機器、測定方法について精度がないと認めるに足りる証拠はないが』と言いつつ『福島由来であってエコセメント施設の放射能と認めることは困難である』(測定方法は認めるが結果は認めない?)

★青梅、日の出町のタケノコ、シイタケなどで検出されたセシウムには

『国は、福島第一原発事故後、キノコや山菜について基準値(100Bq/kg)をこえるものについては、出荷制限措置を講じており、現在でも東北から関東地方にかけて広く出荷制限措置が取られていることは「公知の事実であり」、上記測定結果をもって本件施設から放射性物質が排出されていることの根拠とすることは難しい。』と言っています。

(シイタケは買ったものではなく、我が家の庭にある原木シイタケですが?)

  • 判決文の中に『我が国は、国は』と出てきますが、

(国が決めたことに間違いは無いのだと言っているようなものです)

東京地裁で4人目の佐藤道明裁判長の就任の第一声は『エコセメント裁判は立川支部の案件では一番長い裁判になっているので、早く終らせたい』と言うものでした。

こんな国、こんな裁判では自分の身は自分で守るしか無いのでしょうか。

日の出の問題で唯一残っているエコセメントの裁判は、最高裁に送られ終焉を迎えようとしています。しかしごみの問題は、残念ながら解決の方向に向かっているようには思えません。今一度、自分たちのごみの問題を改めて見つめ直して行きたいと思います。

裁判はいずれ終る事になりますが、地元の環境悪化の現実は終わる事は有りません。科学物質、放射能などの影響を受けるのはこれからです。皆様の支えと理解が、地元で奮闘している私たちのチカラとなります。今まで以上に「現場」で起きていることをもっと多くの人にリアルタイムで知ってもらえるよう発信して行きたいと思っています。

エコセメント裁判のお知らせ(2015.3.26)

私たちは「 エコセメント化施設操業差止請求訴訟 」の第一審判決を不服として、2011 年 12 月東京高等裁判所に控訴しました 。
昨年9月まで審理した裁判の判決が出ます。みなさんの傍聴をお願いします。

日 時:2015年3月26(木)
午後 1時 30分
場所:東京高裁 8階 812号
*地下鉄 日比谷線 ・丸の内線 ・千代田線 霞ヶ関駅 徒歩5分

エコセメント裁判の傍聴に行きましょう!

エコセメント工場差し止め請求裁判の次回裁判日程のお知らせです。

日時:2014918日(木)1500

場所: 東京高裁 812号法廷        地下鉄日比谷線、丸の内線、千代田線 霞が関駅徒歩5分

 

 

「エコセメントとは三多摩住民400万人ゴミ焼却施設から発生する焼却残さ(焼却残灰と飛灰を含む)や下水汚泥などを主原料として作られるセメント類似のものです。

東京高裁では以下のような争点で裁判が行われています。

 

 

1 多摩地域のほぼ全域から毎日エコセメント製造施設に持ち込まれる焼却残さ(主灰及び飛灰、飛灰固化物)は著しく放射能汚染されており、 宮古、釜石地域の一般廃棄物焼却残さに比しても著しく高い。

2 エコセメント製造施設の操業時には、放射性物質の一部は煙突から排出されて周辺地域を汚染し、一部は、下水道を通じて日々大量に多摩川に流出し、さらには東京湾の汚染を高めている。

3 施設周辺地域の空間線量率及び表層土壌の放射性セシウム濃度は明らかにエコセメント製造施設からの放射性セシウムの放出(煙道)の影響を受けて汚染されており、それによる周辺地域の住民は低線量被曝リスクに曝されているが、そのリスクは有意に高い。

4 上記明白な汚染事実に対して、事業者側は「放射性セシウムの放出」の事実を全面的に否定しているが、それは、測定方法の欠陥に由来する。

5 エコセメント製造施設からの高濃度の放射性セシウムを含む排水は、全量下水道放流されているが、その放流水を処理している八王子水再生センターには、放射性セシウムの処理能力がなく、流入する放射性セシウムの96%を無処理のまま多摩川に日々排出している。

6  東京都内には、3.11福島原発事故の直後には、大量の放射性ヨウ素131が流入しており、その放射能は放射性セシウムの10倍以上に達していた。その、152日後(半減期8日で計算して52万分の1に希釈されている)の下水道放流水にも放射性ヨウ素131が有意に検出されている。放射性ヨウ素による被爆リスクは初期被爆が決定的に重要なので、それによる健康被害が、今後発生する蓋然性が高い。

7 エコセメント製造施設は、バグフィルタを二重に装備しているにも拘わらず、毎日、焼成系からだけでも、19kgの粉じんを周辺にまき散らしている。

 

 

次回公判は、 918日(木)1500です。 (東京高裁812号法廷)

高裁での審理は最後になるかもしれません。皆さん、お忙しいことと思いますが、是非、傍聴にいらしてください。

結審を急ぐのではなく、きちんとした審理を多くの人が求めていることを示しましょう!

 

次回の裁判から裁判長が代わるようです。(前裁判長の任期は1年、通常3年の任期です。

最後の最後になって裁判長が代わるのは・・・・・)

エコセメント中西証人尋問感想

証人尋問に至る経緯
エコセメント化施設操業差止裁判は、地裁での弁論終結2011年9月5日に最終弁論が行われ、判決が言い渡された。福島原発であのような事件が起こって僅か6ケ月後のことである。処分組合が、搬入焼却灰のセシウム汚染濃度を発表し始めたのが、同年7月で、「たまあじさいの会」が定点空間線量率測定を始めたのが、同年9月である。放射能汚染の実態が分かる前に結審され、地裁での判決が出されたので、エコセメント化施設からの周辺への放射能汚染が全く審理されずに判決が出されたのである。
したがって、今回の控訴審では、放射能汚染問題に関しては、双方が証拠を提出して裁判所が判断する事実審である。これまでのように地裁での判断を審査する控訴審ではない。高裁の裁判長は、すぐにでも結審をして判決を出そうとしていた。双方で準備書面で汚染の主張をしてきたが、控訴人側は、10回にわたる主張をしてきた。結審しようとしていた裁判長に、「映像でのプレゼンテーションでこちら側の主張をわかり易く説明をしたい。」と言っても、結審を急いだため、裁判長をしかりつける文章提出して、ようやく、プレゼンテーションが非公開の法廷で実現した。今の裁判長は、少なくとも科学的なことに関して、はっきり言って何も理解できない。相手側の稚拙なプレゼンテーションを褒め称え、梶山弁護士の証人尋問の請求に対して、準備書面で分かっているからと一度は退けた。しかし、再度の梶山弁護士のお叱りでしぶしぶ受け入れて、尋問が終わったら結審しますとまで言いのけた。
被控訴人側に立つ証人尋問
梶山弁護士によるプレゼンでの尋問により、こちら側の主張は実に見事にエコセメント化施設からの放射能汚染と放射能がトレーサーとなって、これまで私たちが主張していた化学物質や重金属による汚染も説明できた。
相手側の尋問は、相変わらず何もわかっていないので、私たちの主張を覆すどころか、場違いな質問であったことを露呈することに終始した。
その次に、梶山弁護士から、被控訴人の難癖をつけるような「たまあじさいに会」は、計量証明を発行できるような機関ですか」の尋問に対して、「土壌放射能を測定しているちくりん舎は、証明書を発行できますか」と質問していただき、今までも発行してきた旨の返答で括った。
たまりかねた、左陪審と裁判長も、被控訴人を援護するような尋問をしてきたが、彼らもまた何もわかっていないので、私たちの主張を覆すことなく証人尋問は、終了した。
尋問の証言は、重要な証拠である以上、裁判所もこのまま結審して被控訴人側に立ち控訴棄却をするわけにいかない。
そこで、急遽別室で会議を開き、その結果当日の結審はあきらめ、「たまあじさいの会」の測定した空間線量率のデータの信憑性についての双方の主張を、3月13日までに裁判所に提出するよう言い渡し、3月20日午後2時に812号法廷で。裁判所はそれを見て、結審するか今後の進め方を考えることで当日の法廷は終了した。
空間線量率のデータ信憑性より、土壌放射能のデータこそが、汚染の有無を決定づける証言をしたにもかかわらず、苦し紛れに「空間線量率のデータ信憑性」しか突っ込めなかった裁判所は、哀れとしか言いようがない。
いずれにしても、裁判所、被控訴人の連合との戦いは、これから山場を迎えることになった。梶山弁護士をはじめとする代理人の方々と、みなさまが多数で傍聴していただいたおかげで、結審を免れたことを感謝いたします。        控訴人 中西四七生

エコセメント裁判の傍聴に行きましょう!

エコセメント工場差し止め請求裁判の次回裁判日程のお知らせです。

日時:2013年10月8日(火)11時

場所: 東京高裁 812号法廷    
   地下鉄日比谷線、丸の内線、千代田線 霞が関駅徒歩5分

 
  7月9日、東京高裁庁舎南側15階第1会議室で行われた進行協議は、原告側は梶山弁護士を始めとする弁護士の方々と原告の8名、被告側はいつもの面々 で、2時にスタートした。原告側のパワーポイントによる説明は60分、内容について以下のような構成からなっていた。

1 多摩地域のほぼ全域から毎日エコセメント製造施設に持ち込まれる焼却残さ(主灰及び飛灰、飛灰固化物)は著しく放射能汚染されており、 宮古、釜石地域の一般廃棄物焼却残さに比しても著しく高い。

2 エコセメント製造施設の操業時には、放射性物質の一部は煙突から排出されて周辺地域を汚染し、一部は、下水道を通じて日々大量に多摩川に流出し、 さらには東京湾の汚染を高めている。

3 施設周辺地域の空間線量率及び表層土壌の放射性セシウム濃度は明らかにエコセメント製造施設からの放射性セシウムの放出(煙道)の 影響を受けて汚染されており、それによる周辺地域の住民は低線量被曝リスクに曝されているが、そのリスクは有意に高い。

4 上記明白な汚染事実に対して、事業者側は「放射性セシウムの放出」の事実を全面的に否定しているが、それは、測定方法の欠陥に由来する。

5 エコセメント製造施設からの高濃度の放射性セシウムを含む排水は、全量下水道放流されているが、その放流水を処理している 八王子水再生センターには、放射性セシウムの処理能力がなく、流入する放射性セシウムの96%を無処理のまま多摩川に日々排出している。

6  東京都内には、3.11福島原発事故の直後には、大量の放射性ヨウ素131が流入しており、その放射能は放射性セシウムの10倍以上に達していた。 そ の、152日後(半減期8日で計算して52万分の1に希釈されている)の下水道放流水にも放射性ヨウ素131が有意に検出されている。

  放射性ヨウ素による被爆リスクは初期被爆が決定的に重要なので、それによる健康被害が、今後発生する蓋然性が高い。

7 エコセメント製造施設は、バグフィルタを二重に装備しているにも拘わらず、毎日、焼成系からだけでも、19kgの粉じんを周辺に まき散らしている。

これらの内容を持つパワーポイントは66枚のスライドからなり、を梶山弁護士と中西四七生さんとで解説された。

次回公判は、 10月8日(火)午前11時です。 (東京高裁812号法廷)

皆さん、お忙しいことと思いますが、是非、傍聴にいらしてください。
結審を急ぐのではなく、きちんとした審理を多くの人が求めていることを示しましょう!


日の出の森・支える会
190-0011
東京都立川市高松町2-19-1
TEL/FAX 042-523-7297

TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目